Skip to content

インターネットの世界

かつては「仮想現実」と言われていたインターネットの世界ですが、いまや現実世界と混合され、現実世界のなかに広く浸透しつつあることは事実です。そのひとつの例として、あらゆる商品の購入やサービスが現実世界だけでなく、インターネット上でも広く利用できるようになっています。むしろ、現実世界ではなかなか手に入らないものが、ネット上では比較的探し出しやすく入手しやすいという場合もあり、ネット利用の可能性が無限に大きくあるといっても過言ではありません。

パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットさえ持っていれば、家やオフォスのみならず移動中や外出先から何時でもインターネットにアクセスし、簡単に欲しいものを手に入れ、希望のサービスを利用することができる、それが当たり前の世の中になりつつあります。そのため実際の世界よりも、「仮想現実」と言われていたインターネット世界がまるで現実世界となっている人も多いのではないでしょうか。ということは、インターネット上でさまざまなサービスを繰り広げている企業や個人にとって、現実世界同様の細やかな気配りや品ぞろえなどを完備し、ネットユーザーの満足度を高めることは必要なことです。ここでポイントとなる言葉が「ユーザビリティ」で、ユーザビリティとは使い勝手が良いといった意味合いで使われることが多い言葉です。

例えば、インターネット上では実際に手にとって商品を確認できないというデメリットがありますが、それをカバーする商品説明や万が一のアフターケアなどを徹底させるなど、ユーザーの使い勝手を良くすることが、インターネットの世界で必要となってきます。