Skip to content

使いやすさを求める

インターネット上で求められる使い勝手の良さの必要性が認識され、最近では「WEBユーザビリティ」という言葉が浸透しつつあります。先述した通り、インターネット上でサイトを運営する側がそれを閲覧するユーザーに対して満足度をあげ、その結果収益などの成果を得るためにはどうしても無視することのできないのがWEBユーザビリティです。

ホームページを見てみると、とくに個人運営の場合では、自分の好みのデザインや仕掛けを駆使して、見た目にはとてもユニークで人目をひく仕上がりになっていたとしても、それが独りよがりになっている事例が散見されます。いくら良い文章や商品・サービスを提供しようとも、デザインなどの見栄えをよくしようとも、そのサイトがユーザーにとって「使いにくい」と感じられてしまえば、ユーザーは十分にサイトを活用しないうちに他のホームページへと離れて行ってしまう可能性が高くなります。

そこでWEBユーザビリティという概念の重要性が浮かび上がり、サイト運営者は成果をあげるためにも、いかにユーザーが使い勝手が良いと感じるサイトを作り上げるかに注目するのです。
それではどのような努力がWEBユーザビリティにつながるのでしょうか。